アドセンス実践記・夏のイベント記事

夏のイベント記事といえば花火でしょ、ってことで花火の記事を投稿しました。

私が本格的にアドセンスブログを始めた去年は感染症のせいで花火大会は軒並み中止になってしまったので、私にとっては初めての夏となります。

 

イベント記事を書く意味

アドセンスブログにはイベント記事みたいなのも必要です。

イベント記事というのは春の花見の記事とか夏の花火大会の記事のことですね。

年中検索されるわけではないけど、その時期になると爆発的なアクセスを得られるという記事です。

 

この記事を投稿する目的は大きなアクセスで報酬を得るというよりも、大きくアクセスを集めることによってブログのパワーを付けるというものです。

 

どういうことかと言うと、Googleさんのブログ評価っていうのがアクセスをたくさん集めるブログが高くなりやすいそうなのです。

例えば、一日平均100PVのブログがある日記事がバズって1000PV集めたとすると、その日以降は平均PVが500PVとかになるというのです。

 

1つ大きなのを当てると今まで圏外だった弱小記事にも順位がついてアクセスが来るようになるってことなんでしょうね。

 

花火記事の顛末

てことで、5月頃にある地方の花火大会の記事を投稿しました。

ライバルがほぼ居なかったので開催1ヶ月前には私のブログがあるキーワードで1位になっており、毎日100PVを集めてました。

 

こりゃ当日が楽しみやな~と思ってたら、開催1週間前に4位に落ちてました。

ちょっと頼むわと上位のブログをチェックすると、どれも2日前くらいに投稿した記事でした。

しかもどれも1,000記事以上入ってる強そうなブログ。

確かに記事を投稿して2日で上位表示するってブログが強くないと無理だわね。

 

うわーと思って次の日。

 

9位に落ちてました。

 

こうなるとほとんどアクセスありません。

ほんまこんな本番直前でこんな目に遭うなんて…、って本番直前だからライバルが集まるんですけどね。

 

てか、数か月前から準備してたのにドメインパワーで押し切られて上位の座を奪われるって、なんかあほらしくなって投げ出しそうになりました。

あと一週間で逆転出来るとも思わんし。

 

でもここは冷静になってライバルチェック。

確かにブログは強いかも知れんけど、記事の内容は薄いし文字数もそんな多くない。

大体3,000文字とか。

うちの記事が2,500文字くらいだから文字数だけでも抜いておこうと思って追記しました。

内容は上位記事に書いてあってうちの記事に書いてないもの。

 

ということで3,500文字くらいにしました。

 

もう萎え萎えですよ。

 

期待せずにいましたが、2日後くらいにアクセスが復活してた!

キーワードで検索してみたら3位に上がってました。

 

クリック数は1位のときの半分以下ですけどね…。

1位に居た頃はクリック率70%くらいあったんですけどね…。

 

それで迎えた本番当日。

我が記事は4位にいました。

 

まあそれなりにアクセスはありました。

1,213PV。

う~ん。

4位なら仕方ないか。

 

ほんまは5千とか8千PVとかを夢見てたんですけどね。

何か腹立つわ~。

 

しかもTwitterからも呼び込んでこれですからね。

ちなみにTwitterから300ほど流入ありました。

 

花火記事は他にも数記事仕込んでました。

一つは当日200PVくらいありましたが、一つはいつが大会当日か分からないほどのアクセスの無さでした。

どれが当たるか分からないからとりあえずたくさん投稿するのが必要ですね。

 

花火記事はどうやって書いたらいいのか、ライバルチェックの仕方はどうするのかなどは教材を見てやってます。
↓↓
こちらの教材

何ならこれ、書くの面倒くさいイベント記事の外注の仕方も学べます。

ちなみに、花火大会のネタは外注で集めました。

無料メルマガでも学べますよ。
↓↓
外注化で完全放置!アドセンスブログ構築テクニック

コメント